お肌の変化が気になる40代。

10代、20代前半はお化粧をすることに興味があり、周りの大人や好きな雑誌の影響をうけて化粧品を選び、いろんなスキンケアやメイクを覚えたものです。

日焼けをしても健康的に見え新陳代謝も比較的よく、目にみえて肌の老化も気にならなかった人も多いですよね。

30代を超え40代になると若かったころには気にならなかった問題がでてきます。

中でも40代になるとシミやくすみで悩む人が多いです。

加齢にともなう代謝の変化ですが、人は年をとるものですので防ぎようもないですがそんなときには化粧品の選び方をこれまでと同じものではなく自分のお肌にあったものを選んでいかなければなりません。

40代のお肌は皮脂分泌量が徐々に減っていくため、例としてお肌のハリを保つ作用があるエストロゲンが急激に減少しお肌の状態に変化がみられます。

自分のお肌と向きあって今までとは少し違うプラスアルファのケアが必要になってきますので、化粧品選びが大切になってきます。

年齢を感じてしまうお肌ですが上手くケアしていきたいですね。

40代の化粧品の選び方。

40代になると年齢による体の変化が今までよりも気になることが多くなりますね。

お肌もその1つで年齢にあったケアをしているのとしていないのでは今後さらに年を重ねた時に大きく違いが出てしまいます。

閉経に向かって体が変わる時期になり更年期障害の症状が現れる人もいます。

これらは女性ホルモンの減少が作用してのことですが40代のお肌の状態もこのホルモンの影響を受け、今までより激しく衰えていきます。

よくあるお肌の悩みをあげてみると、シミが増える、くすみが気になる、お肌のハリが低下したるんでいる、お肌が乾燥しているなどなど年齢からくる独特のものが多いですよね。

最近では、各メーカーさんが年齢に応じた基礎化粧品を販売しています。

40代向けの化粧品について

テレビCMでも比較的年齢層の高い女優さんが宣伝しているのを見たことありますよね。

研究開発が進み化粧品も昔のものよりはるかに進化しお肌に良いと言われている成分を積極的に配合しています。

正しくエイジングケアをしてお肌を元気に保ちたいですね。


Comments are closed.